言葉のおまもりから

0

     

     

    1月の予定は、近いうちにお知らせします。

    ヨガニードラとロミロミのセッションのモニターに手をあげてくださる方が多く(ありがとうございます!)、

    1月はこのセッションの日が多くなっています。

     

    ヨガのプライベートセッションもしていますので、ご都合お聞かせください。

    kurasuhiromi☆gmail.com (☆を@に変えて送信してください)

     

     

    そして、2月より、プライベートのヨガのセッションを充実、濃く、ゆっくりとにしていこうと思っています。

    ヨガ(アーサナ、呼吸法、ヨガニードラ、瞑想)とアーユルヴェーダ、ロミロミというボディワークを、

    その時々で必要なものを組み合わせて、やっていきたいと思っています。

    (それに伴い、セッションの時間や、料金の改定をさせていただきます。)

     

    それは、2020年から、みんながすでに持っている、ざっくりというと「美しいもの、やさしいもの」を、

    それぞれが感じて、育んで、外側に発露していく、そうしていっていいのだ☆という感覚に

    つながる時間になればと思っています。

     

    その人がそこにいるだけで、その存在が、まわりの人たちの意識を柔らかな調和的な方に向けたり、

    安心できたり、顔がほころんだり、ゆるんだり。。。

    そんなイメージです。

     

     

    先日、うちにやってきた言葉のアミュレット(おまもり)の言葉のように。

    「あなたは あなたは

     あなたになりなさい

     あなたが あなたが

     あなたであることが

     あなたを あなたを

     あなたにするのです」

     

     

    そんな自己一致した「あなた」でいることが、誰かとの関係性、社会での関係性、

    それがつながっている世界の関係性を

    優劣や、強弱や、良い悪いではない、

    言葉にするとまどろっこしかったり、こそばゆい気持ちになるけれど、

    LOVEあるものにしていくのではないかなと思ったりしています。

     

     

     

     


    今年もよろしくおねがいします

    0

       

      2020年がはじまりました。

      今年もよろしくおねがいします。

       

      きのう、ちくわと海にお散歩にいったら、雲の切れ間から光がパァァァと降り注いでいました。

       

      年末年始、

      子供のころや、実家に帰って何もせずにごろごろしているだけでよかった頃は、

      「このままだとわたし!お餅になってしまうっ!」というくらい

      日ごろの疲れを取りつつも、そろそろ体が重〜くなってきたなと思ったりしていました。

       

      年を重ねて、実家に行ったり来たりの往復をしたり、あれこれやることが増えたり、

      家族がおやすみなのでどこかに出かけたり、ごはんはどうしようか??と考えたり、

      普段とは違う日が続いているので、

      そろそろヴァータ(風)の要素が盛大に増えてきて、

      「ひとりでゆっくりしたいっ!」モードになってきています。(笑)

       

      どういう環境で、ここ最近の日常を過ごし方や、

      「おやすみ」ということで夜更かしとか、外ごはん増えたり、

      感情を揺さぶられるようなことがあったり、とか

      人それぞれで、見えるところ、目には見えないところでの「今」の状態があると思います。

       

      そんな「今」を、変化に揺さぶられ続けるのではなく、

      チューニングをあわせる時間をちょっとでも持っていたり、

       

      わたしにとっては、アーユルヴェーダのヴァータ(風)、ピッタ(火)、カファ(水)の

      バランスが今どうなのかな?と自分と打ち合わせをすることで、

      「現状を知る」というだけでも、おやすみが終わって日常に戻ったときに、

      どう調整していくかを知る手立てにもなっています。

       

      今のわたしは、確実にヴァータが増えているっ!(笑)

      と思うだけでもおもしろいし、「まぁそんな時だわな」と面白がれるように思っています。

       

      今年もそんなこんなでよろしくおねがいします◎

       

       

       

       

       


      ばたばたな時にも潤いを、そして広がっていく○東京のヨガの旅

      0

         

         

        わたしはわたしで、ふくふくと楽しそうだし、

        大好きな人たちがso cuteな笑顔なので、載せておきますね*

         

         

        昨日まで、我らがお師匠、サントーシマ香先生のヨガ、ひさしぶりのレギュラークラスを

        受けに東京に行っていました。

        (もちろん、おいしいものめぐりは忘れない!)

         

         

        書きたい思いはあふれているけれど、文字にならないので書かないけれど、

        そして何も考えず、ただただ顔をほころばせながら、ヨガに参加してたので、

        「気持ちよかった。潤った」の記憶だけが残っていて、

         

         

        来れてよかった。

         

        何かとありまくりなまいにちだけど、こんな幸せなヨガの時間があってよかった。

         

        潤う時間は、まいにちの色んな時間(過去、現在、未来の楽しい時も、大変だなぁと思う時にも)に

        じわぁぁ〜と労わりと温かさと潤いを広げていってくれるんだなぁとうれしかった。

         

         

        香先生のヨガクラスは、いろいろな選択肢を紹介してくれて、

        今の自分との対話をしながら、落ち着くところや、元気に導いてくれるものを

        自分自身で選んでいけるようにしてくれます。

        そういう体験が、わたしには日々の中でも助けになっているのです。

         

         

        ヨガの時間と、生活の時間はつながっている。

        その時間を、顔がゆるんでいける方向にチューニングをあわせに、また参りますね!

         

         

        東京に行く、といういつもより特別な時間だったけど、

        移動するという変化があったりするので、

        宿泊先でもお白湯を飲み、オイルを持っていき、

        朝と夜にはできる範囲でヨガしたり、

        静かに座ってみる時間をとってみたり、

        新幹線の中では目を閉じていたり、

        できる範囲で、規則正しいことや、いつものことや、落ち着くことをやってみる、

        わたしの「ヴァータを整える」は役に立ちました☆

         

         

         

         

         

         

         

         


        秋が来たようだよ!ヴァータと足ツボ

        0

           

           

          今朝窓を開けたとき、「寒っ」と今期はじめて言いました。

           

          昨日も、うろこ雲がいっぱいで、夕焼けの色が秋の色になっていました。

           

          秋、来ましたね。

           

          夏が終わり、秋が来て、冬に少しずつ季節が変わっていく今の時期、

          アーユルヴェーダでは「ヴァータ(風)」のエネルギーがむくむくと高まりはじめると

          考えられています。

           

          風が高まり、乱れてくると、

          冷えたり、

          乾燥したり、

          ちょっとさみしい気持ちになったり、

          不安がふわふわ浮かんできたり、

          するそうです。

          ほんとに、ほんとに、今まさにそんな感じが出てきています。

           

          そんな自分の体と心で感じることを、「そうかい、そうかい、冷えたねぇ」と

          やさしく見ながら、

          温かいお茶を飲んだり、

          上に羽織るものを着たり、

          オイルでマッサージしたり、

          してみるのも秋の夜長にはいいかもしれません。

           

          そうすると、体から心へも、あたたかさと潤いが沁みていくので、

          不安だったことは、自分で作ってたことだったり、

          さみしさも、「そんなことを思うよね、秋だもの」と思えたり。

           

          そして、夏に思っているより疲れがたまっている体と心に積極的な休息をとることもおすすめです。

          ヨガニードラや、

          大地に近いところで目を閉じておこなうアーサナ、

          心を落ち着ける呼吸法

          などがわたしは好きでやっています。

           

          ヴァータを乱しやすいわたしは、こういうことを好きで楽しいねぇとほくほくしながら

          やっています。

          そして乱しやすいけれど、ヴァータが高まってくるこの秋という季節が好きです。

          おいしいものいっぱいだし!

           

           

          マッサージを受けにいくのもいいですよね〜♪

          昨日、足ツボを押してもらったのですが、腰が重くて「うおぉぉ」というくらい痛かったのが和らいで、

          足裏がふかふかにあたたまって、

          夜ぐっすり眠れました。

           

          和歌山のロミロミと足ツボをしているくみちゃんのサロン

          いちまるいち

           

           

          **********************************************

          ヨガやアーユルヴェーダのプライベートクラスしています。

          積極的な休息をとれるようなヨガ、いろいろ準備してお待ちしています☆

           

          kurasuhiromi☆gmail.com (☆を@に変えて送信してください)

           

           

           

           


          春とわたしとアーユルヴェーダ*

          0

             

            ひさしぶりにアーユルヴェーダの会です。

             

            春に向けて季節が変わっていくように、

            わたしたちの体の内側や心のあり方も変化していっています。

             

            雨降りの日はどうして気持ちも重〜くなってしまうのか、

            旅行に行ったり、スケジュールが詰め詰めだと、疲れやすかったり、便秘になりやすかったり。

             

            月経前はイライラしがちがったり、気分が落ち込みやすかったり。

            いつも心配ごとをずっと考えてしまったり。。。。

             

             

            さまざまなツールを通して、「わたし」のことを知っていくのは、

            自分自身への理解と優しさ、そして周りの人たちやいのちへの理解と優しさにつながるように思っています。

             

             

            わたしが親しむ機会があって、紹介するのに言葉にしやすいと感じているアーユルヴェーダを通して、

            「わたし」の傾向とお手当ての方法を、ふだんの生活に根付いたもので紹介していけたらと思っています。

             

             

            ◎こんな会です◎

            ●アーユルヴェーダとは

            ●「わたし」の体質や現在の傾向(ドーシャ)を見てみよう

            ●その傾向と整え方の紹介

            ●春との調和のとり方

            ●女性の月経周期や年齢による変化とアーユルヴェーダのケアのこと

             

            このあたりをベースに、お会いした方とのやりとりや、興味のあるところのことを

            紹介したり、ときどきヨガのワークをしたりする会です。

             

            難しくならないよう、楽しくおおらかにアーユルヴェーダと親しんでもらえるようなおはなしをしたいなぁと

            思っています。

             

            ◎日時と場所◎

            2日予定しているうち、ご都合の良い日をお選びください。

            また、この日にちや場所では、都合つかないという方もご連絡いただけたら日程を増やすことや

            別の場所での開催も可能です。

            とりあえず、気軽にお問合せください。

             

            ●3月13日(水)14時〜16時30分

             

            ●3月25日(月)13時30分〜16時

             

            場所は岸和田カンカン近く(詳細はご予約のときに)

             

            ◎参加費◎

            3000円

             

            ◎お問い合わせやご予約◎

            kurasuhiromi☆gmail.com (☆を@に変えて送信してください)

            または

            yoga_hiromi☆yahoo.co.jp (☆を@に変えて送信してください)

             

             

            みんななんやかんやあるねぇ、わたしもなんやかんやとあるよ〜、とお互いさまで思いやりあいながら、

            わたしだけじゃないんだなと知ることも、自分自身への安心やほっとすることにつながるし、

            まぁまぁお互い助け合っていきましょうや、という気持ちになっているわたしです☆

             

            いま、このようなおはなしが必要なところに届きますように* 

             

             

             

             

             


            どんな感じ?○アーユルヴェーダとヨガのはなし

            0

               

              ヨガやめい想、アーユルヴェーダのケアは

              心と体のお手入れです。

               

              ヨガの呼吸しているとき、ポーズをしたとき、

              めい想やヨガニードラでくつろいだ時間のときの、あいだあいだに、

              「どんな感じがしますか?」という言葉がけをします。

               

              「どんな感じってどんなん?」と質問いただくこともあります。

               

              どんな感じ?

              たとえば、

              体でいうと、

              あたたかくなってきた。

              肩がかたい〜って実感。

              血が巡っている、じんじんする感じ

              乾いた感じ、

              痛い

              心地よくない

               

              こころは?

              そわそわする

              すこしずつ頭の中が静かになってきたような

              など、

              こう感じてほしい、こう感じると正解というのはありません。

               

              どんな感覚も、その瞬間その人が自分に意識を向けているということなのです◎

               

               

              めい想のように静かに座るときも、いわゆる「無になる」ということが

              目的ではなく、(やり方はいろいろありますが)

              次から次に浮かんでは消えるいろいろな考えや気持ちを、「ただそれがあるなぁ」と見ていく

              ことをしていきます。

              それに良いこと、悪いことというジャッジはしなくてだいじょうぶ。

              (またこれについては後日)

               

              それがあって、

              血が巡ると気持ちいいなぁ、

              今日はこのポーズは気持ちよく感じないなぁ

              とか

              疲れてたんだなぁと気付いた

              というように、今の自分のことに気付けて、

               

              気持ちいいという体とこころの感覚に耳をすませてみよう。

              今日は湯船にゆっくりつかって、早く寝よう。

              あたたかいおうどんを食べよう。

              気持ちいいっていう感覚があると、顔がほころんでるなぁ。

              気持ちいいって幸せだな。

               

              と、

              次の、自分のための選択(食事、暮らし方など)がやさしいものになる、

              自分自身との関係がやさしいものになる、

              そして、

              家族や社会との関わりもやさしくて調和的になっていく。。。

               

              そのための、リトマス試験紙のように

              「どんな感じかな?」ということを、あいまあいまに

              自分とのコール&レスポンスのような時間をとっています。

               

               

               


              春が来る。春と調和する。アーユルヴェーダやヨガ○

              0

                 

                何年も考えていながら実行しなかったのですが、【くらすよがのはなし】という

                ヨガやアーユルヴェーダのことで、暮らしにちょっとずつ役に立ちそうなことを紹介していく

                フリーペーパーを作ってみました。

                不定期です。いつまで続くかは、天におまかせです。

                 

                ふだんヨガのときにはなしているようなことを、文字にして、ヨガやアーユルヴェーダに

                親しみを持ってもらえたり、興味を持ってもらえたらいいなぁというくらいのゆるい内容です。

                 

                 

                そこでも紹介したのですが、

                春という季節は、冬の間に留まっていたものが流れ始めたり、凍っていた水が溶け出すように、

                体の中でも「水」の要素が増えてやすい季節です。

                 

                「水」といって、想像できるのが、冷たい、重い、止まっているとよどんだり。。

                 

                身近に感じるのは、春といえば花粉症の季節、鼻水ではないでしょうか?

                わたしも、ただいま花粉と黄砂との格闘がはじまっています。

                 

                鼻水も、冷たくて、重くて、ちょっと粘り気があって。。ですよね。

                 

                この体の中の「水」の要素が増えてあふれだすと、

                冷えたり、鼻水でたり、春でぽかぽか陽気なのに気持ちがなんとなく落ち込んだり、体重増えたり、むくんだり

                してくるといわれています。

                春なのに気持ちがうつうつと落ち込んでいるのは、決してわたしの、あなたのせいではありません。

                季節のエネルギーがそうさせていることも多いのです。

                だから安心して☆

                 

                わたしたちの本質は、ごきげんな時の、あの感覚、幸せな満たされた感覚。あれですからね!

                 

                 

                そんな、この季節からの贈り物の影響を、真正面で受け止めるのも一興ですが、

                できることなら、きげんよくすこやかに暮らしていたいので、

                アーユルヴェーダで勧められている過ごし方を紹介します。

                「冷たい、重い、安定、どんより」に対して、反対のものをあてていくと良いとされています。

                 

                【春の季節にすすめられること】

                ●あたたかいものをとる

                ●乳製品を控える(乳製品は、冷たい、どっしり、粘りがあるものといわれています)

                ●スパイスのきいたもの

                ●鼻うがい

                ●乾布摩擦

                ●軽く汗ばむような運動をする(できれば朝)

                ●ヨガの練習も、立ちポーズや、胸を開くようなもの、ねじりのポーズを取り入れてみる。

                 

                 

                これは、春という季節にすすめられていることですが、

                もちろんひとりひとりの元々の体質(体やこころの傾向)や、日々どんな環境で過ごしているか、

                どんな活動をしているか(移動が多い、じっとしていることが多いなど)など

                ひとりひとりのユニークなエネルギーのバランスで、その時々に「ちょうどいい」「ここちよい」は

                変わってきます。

                 

                そういう個別のことは、ヨガクラスのときや、どこかでお茶しながらでも

                お会いしたときに紹介しています☆

                 

                お気軽にヨガクラスにお越しください。お気軽にお茶にお誘いください。

                お待ちしています☆

                 

                3月のスケジュールは近日中に。

                 

                お問合せなどは、

                kurasuhiromi☆gmail.com (☆を@に変えて送信してください)

                または、

                yoga_hiromi☆yahoo.co.jp  (☆を@に変えて送信してください)

                までお願いします。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                夏から秋の季節の変わり目と○ヨガとアーユルヴェーダの養生法

                0

                   

                  10月だから涼しいだろうと油断していたら、この暑さ!

                  暑い日、涼しい日、暦どおりにいかないようなので、その日その日にあわせた過ごし方や

                  養生をしていったほうがいいなぁとわたし自身の体もこころも言っております。

                   

                  そんな10月のスケジュールです☆

                  10月のスケジュール

                  これ以外に、14日(日)の朝から、22日(月)の夜にもヨガクラスあります。

                   

                  アーユルヴェーダでは(きっと中医学やほかの自然療法もだと思いますが)、

                  外の環境で起きていることは、私たちの体や心の中でも起きているという風に

                  考えたりするようです。(ざっくり)

                   

                  なので、寒くなったり、乾燥する季節は、体も冷えるし、お肌も乾燥するし、

                  内臓の腸も乾燥するし(なので便秘ぎみになったり)、

                  気持ちもなんだかなぁなしんみりした気分になったり、夕焼けを見て悲しくなったり、

                  不安な気持ちが沸いて来たり。。。

                   

                  そのままで、一時の強い刺激や、ストレス発散でやり過ごすのもありですが、

                  ここはひとつ、試しに地味だけど、地味に効く養生法を試してみたり、そのときにあわせたヨガをするのも

                  よいものです。

                   

                  季節はいつか、平日かお休みの日か、体調はどうかetc.にあわせたヨガや養生法を

                  ヨガクラスなどで紹介しています。

                   

                  アーユルヴェーダでは、反対の性質をあててあげるとよいよ〜と勧めていますので、

                  冷えていたら、首、肩、手首、足首などをあたためる。(ストールは手放せません)

                  乾燥していたら、太白ごま油でオイルマッサージをしてみる。(足裏がどんどんオイルを吸い込んでいくのにびっくりします)

                  どっしりとして潤いのあるものを食べるのも、あたたかさ、潤いが足されるので、

                  スープやお味噌汁、鍋物を摂る機会を増やしたり、

                  いいオイルを摂ってみたりするのも、腸の乾燥によかったなぁと実体験として感じています。

                   

                  また気持ちのほうでも、

                  お風呂やお手洗いに入ったときに、目を閉じてみる。

                  ふぅぅぅぅ、はぁぁぁぁと深呼吸してみる。

                  平和な人間関係の中に身を置いてみる。

                   

                  もし時間が30分でもとれたら、

                  ひとりで静かにカフェなどで、あたたかいお茶とおいしくて甘いものと一緒に過ごしてみる。

                   

                  もうちょっと時間がとれそうだったら、

                  マッサージに行ってみたり、

                  ヨガに来てみたり。

                   

                  ヨガも、秋のはじまりにかけて、こんな内容が多めになっています。

                  心を落ち着かせること。

                  目を閉じて体全体の感覚を感じてみること。

                  呼吸と今やっていることにやわらかく集中していくこと。

                  疲れすぎないように、でも体を内側からあたためていくようなポーズの練習。

                  夏の間に溜めていった疲れを、そして日々の疲れを解いていくようなリラクゼーション法やめい想。

                   

                  それもまた、その日の気温や体調、最近どんな環境で過ごされていたかなど、

                  ひとりひとりの「今日」にあわせていくことがアーユルヴェーダのヨガセラピーでは

                  いいんじゃないかいと、たくさんの先人達の智慧は教えてくれています。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  女性のためのアーユルヴェーダとヨガの養生法@岸和田

                  0

                     

                     

                    ■女性のまいにちのためのヨガとアーユルヴェーダの会■

                     

                    ふだんの90分のクラスではなかなかゆっくりおはなしをする機会がないので、

                    日々のわたしたちの体で起きている変化や、体と心をお手入れする方法の小ばなし付きの

                    ちょっと長いめクラスをしようと思います。

                     

                    特に40代に入った年代くらいの方々が体調崩されたり、

                    どことなくしんどいなぁという方に最近よくお会いするのもあって

                    (わたし自身も含めてですが)

                     

                    そのたびに、「無理しなくていいよ〜」の無理しない方法を知っていたり、

                    そうはいかないよ!というときにも、ちょっとしたお手当てをすることで、

                    週末までどうにか乗り切れたり。

                    そんな方法を、いくつか知っておくと助けにもなるし、モードが切り替わるように思っています。

                     

                    自律神経ってよく聞くけど、どういうことなんだ?

                    じゃあどうしたらいいの?

                     

                    わたしが、そういうことを知っていったことで、

                    自分自身の体と心の傾向を知れましたし、それへの対策や予防もできるようになってきています。

                     

                    日々やることたくさんあって、ひと息つくのもスペシャルな出来事のようになってしまいますが、

                    ほんの一瞬でも体と心のお手入れをすることをしてみたら、

                    それがまいにちの中でのうるおいになったり、

                    「わたしがわたしをわたしする」ことにつながっていくように思います。

                     

                    そういう思いをこめまして、

                    おうちでできる養生法を紹介したり、ヨガやアーユルヴェーダのケアを体験してみたりしようと思います。.

                     

                    日時■

                    4月4日、11日、18日の水曜日

                    (ご都合のよい日にお越しください)

                    14時〜16時

                     

                     

                    場所■

                    岸和田市(詳細はご予約のときに)

                     

                    参加費■

                    3500円(資料とマッサージ用のオイル付き)

                     

                    お申込みとお問合せ■

                     

                    kurasuhiromi@gmail.com


                    合間のちょっとに助けられる

                    0

                       

                      寒い日が続いています。

                       

                      寒さのおかげであやうく呼吸も止まりそうになっていたのですが、

                      あたたかいスープのおかげで、ほぅぅぅぅと一息つけた昨日のお昼でした。

                       

                      ヨガスタジオでのヨガクラスや、家での練習もとてもいいもので、

                      そこで気持ちよいなぁ、呼吸するってこんな感じだったわ!と、おおっ☆と体と心のモードを

                      切り替えたり、ぐるぐると何かを考え続けている頭の忙しさをほどいていくことができるように

                      実感しています。

                       

                      その体験を繰り返し繰り返ししていくことで、その感覚が身近なものになってくるように思います。

                      なじみのあるお出汁のような、お味噌汁のような感覚とでもいいますか。

                       

                      スタジオに行くこと、マットを敷いて練習することができない時、

                      ふだんの日常の合間、例えばちょっとイスに座ったとき、電車に乗ったとき、

                      買い物してきた荷物をよいしょっと置いたとき、そんな合間合間に、

                       

                      少しの時間でも目を閉じてみたり、

                      肩をぐるりと回してみたり、

                      一呼吸でも深呼吸してみたり

                       

                      その一瞬、5秒が、スタジオでヨガをしたとき、マットを敷いて練習したときに感じた

                      少し身心のモードが切り替わる体験を戻してきてくれるように感じていて、

                      この合間時間にとても助けられています。

                       

                      これがあってよかったなと。

                       

                      そういう日々に活きる、使える練習をたくさんしていきたいなぁと思います。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/2PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>

                      わたしとyoga classについて

                      くらすよがのせとひろみです。 大阪市、岸和田市、和歌山市でプライベートヨガと、少人数のグループクラスを開催しています。 ヨガニードラという誘導瞑想、リラクゼーションのクラスや講座、 アーユルヴェーダのワークショップや講座も開催しています。 この世界で唯一無二の「わたし」とつながり、ととのえるじかんを*

                      ◆プライベートセッション◆

                      ご希望や体調などをお聞きして、ゆっくりすすめていきます。 *ヨガがはじめての方、じっくりと取り組まれたい方 *とことんゆっくりしたい方、 *ヨガや瞑想、アーユルヴェーダの智慧にゆっくり親しむ座学をご希望の方 すべての方に。

                      ◆問い合わせなど◆

                      kurasuhiromi@gmail.com までご連絡ください。

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM