受け取る

0

    「受け取る」

     

    何かしてもらったとき、

    いいね☆と言ってもらったとき、

    ほかにもいろいろなとき、

     

    そのしてもらったことをありがたいなぁと思っているのに、

    「わたしにそんなことしてもらって申し訳ない」と思っていたり、

    「わたしなんぞにはお構いなくでいいんだよー」

     

    いいところを言ってもらっているのに、

    「いやいや、そんなこと、とんでもない」

     

    とにかく受け取るの下手、受け取らないという人生だったように思います。

    「だった」と過去形にしているけど、まだまだ受け取れていない。

     

    逆の方向からみると、

    「これよかったら食べてみて〜」とか

    「これ使ってみて〜」と渡しているのに、受け取ってもらえなかったらどうだろうか。

     

    いいところを、いいね☆と褒めまくってうれしくなってるのに、それを受け取ってもらえなかったらどうだろうか。

     

    そう考えたときに、

    「素直に受け取ってもらえたら、すごーーーっくうれしい!」

    「受け取ってもらえないのはさみしい。」

    「ひゃー、なんという失礼なことをしていたのか」

    「わーん、なんという循環のできてないことをしていたのか」

    と、そんなことをやらかしていた自分に白目になりました。

     

    受け取らないっていうことは、

    差し出した気持ちや言葉が、着地点を見失ってしまう。

    ぽとんと落ちてしまう。

     

    物でも、気持ちでも、言葉でも、

    素直に、受け取ろう。

    ありがとうっと目を輝かせて受け取ろう。

     

    この前参加したワークショップでも、「受け取る」ということが話題になり、

    「受け取るということは、差し出した相手に福や徳やなんかいいもの(ここの正確な言葉を忘れた)

    に積ませてあげるということをしている」

    ということなんだよという話を聞きました。

    (ちゃんと言葉を覚えていないんだけど、受け取るということはすごくいいことをしているんだなぁと

    ほわぁぁぁと幸せな気持ちになったのははっきり覚えている)

     

     

    そして、また別のときには、わたしからそのときにお渡しできるものを

    渡そう。

     

     

    渡す、受け取るのぐるぐる楽しく美しい輪を作っていこう。

     

    もし、受け取るときに、「申し訳ない」とか「わたしなんぞに」という思いが出てきたら、

    まだまだ出てくるけど、その気持ちをくるくる丸いボールにして、

    光のトンネルをイメージして、そこにピュンっとやや剛速球で投げてみようと思っている。

     

     

    ちなみに!

    こんなに受け取るの下手なわたしだけど、自分の得意なところでここは自画自賛したいくらい(笑)

    得意なのが、人のことを甘やかすことと、人の良いところを見つけて褒めまくることです。

    迷惑なくらい甘やかしたり、褒めまくるのが好きだと言ってもいい。

    甘やかし上等!

     

    そんな甘やかし上等!な気持ちで、

    ヨガクラスやプライベートヨガ、オンラインのヨガ、

    ヨガニードラのプライベートセッションや講座を

    しております。

     

    ☆ヨガニードラのプレイべートのセッションはじめました。

    詳しくはこちらへ→ 「ヨガニードラのプライベートセッションと講座

     

    ☆つながるじかんヨガシリーズ

    詳しくはこちらへ → 「つながるじかんヨガシリーズ」

     

    ☆ヨガクラスの予定(プライベート、グループ、オンライン)はこちら→ 7月のスケジュール

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    こころの島とこころの深海

    0

       

       

       

      全文書き終わった後で、何が言いたかったのかを書いていなかったので、

      最初に書いておきますね。

       

      わたしが思っているわたしはわたしのすべてじゃない。

      どんなわたしでもいいし、そのいいなと思っているわたしのいいところは、

      もっともっとあふれているのだ☆

      ということかな。

       

      人に会うのを緊張したり、周りのことを気にしたり、調子に乗ってないかな?とやりたいことを

      躊躇したりするわたしでもいいし、

      その緊張したり、気にしたり、、というところに光をあてて、成仏(言い方!w)させてあげたら、

      決してパリピにはならないけれど、良いほうの調子に乗ったわたしが出てくるのもしれない、

      という話です。(長いっ)

      ********************************************

       

      わたしたちの行動やこころには表に出ている島のようなところと、

      深い海の中にあって普段は見えていないところがあるそうだ。

      (顕在意識、潜在意識でググってもらったらいろいろな情報はでてくるので詳しくはそちらで☆)

       

      わたしたちが普段、「自分の気持ち、こころ」と感じているところは、

      ひょこっと海から顔を出している島のようなもので、

      島ってぷかぷか浮かんでいるのではなくて、深い海の底からつながっているように

      奥深く、海深くのこころの領域が、島に生える植物や、地形を決めるように

      つながっているらしい。

       

      南の島なのか、火山を持った島なのか、ペンギンさんが住む島か、アシカさんが住む島か。。のように。

       

       

      わたしたちが、「こう思う」「こう行動するのがいいことだ」というのは、

      過去(前世からという場合もあるそうだ)に体験したことの記憶を通して世界をみているらしく、

      こころがぎゅっと締め付けられるような感じがしたり、これが正しいと思ったりしている。

       

      もちろん、うれしいことや楽しいことも含まれるだろうけど、

      こころのほんのちょっと(10%とか20%とか3%くらいと書いているのもある)一部らしい。

       

       

      えっ!そんなちょっとのところで自分の世界を決めてしまっていたのか!と

      ひゃーっと思った記憶があります。

       

       

      深い海の中、ずーーっと過去からの情報(土や地形みたいなもの)を蓄積している

      データベースのようなこころの領域が、

      「そんなこと言ったらダメですよ」「なんて大それたことをしよとしてるの!」と

      その島にあたるこころや行動に向かって、ひそひそと耳打ちをしているそうだ。

       

      思い込みとか、トラウマとか、いいことも悪いことも、どんどん堆積していくんだろうなぁ。

       

      ここをクリーニングするということが、ハワイのホオポノポノであったり、

      今はいろいろな手法が紹介されています。

      ヨガニードラもその練習法のひとつ。

       

      もちろん、この深い海の中には、わたしたちがまだ使っていない、存在を忘れてしまっている

      無限の可能性がお昼寝をしているそうなので、起こしてあげないとね!

      わたしたちには無限の可能性がある、人それぞれに。それを信じられないときもあるけれど、

      ある☆という真実はどうやったって変わらないのです。

       

       

      そして、さらに深海にいくと、すべての人たちの意識がつながっている深さがあって、

      (海ってつながっているものね)

       

      さらに深海にいくと、

      さまざまな名前で言われるけれど、

      名前のつけられないような、おだやかで平和な感覚

      愛の領域と言われたり、サムシンググレート、ハイヤーセルフとも言われたり、

      名前をつけると人によっては怪しさを感じたり、抵抗もあるかもしれないけれど、

       

      夕焼けを見て、「きれいだなぁ」と思ったときのふわぁぁとした感覚、

      わんこのおしりをぎゅうぎゅうしているときの感覚、

      にゃんこにお布団に入ってきて腕枕で寝ると言われたときの感覚、

      ヨガの最後に横になっているときの感覚、

      そこから起き上がってきたときの感覚、

      好きな人と一緒に過ごしているときの感覚、

      ほかにも、ほかにも、いろいろ。

      誰しもが体験したことがあるかもしれない、あの感覚です。

       

      この感覚でいる回数、時間をなるべく多くしていたい。

      もう一度言いますが、ヨガニードラもここにつながる練習法のひとつです。

       

      そう思うさいきんです。

       

      ☆ヨガニードラのプレイべートのセッションはじめました。

      詳しくはこちらへ→ 「ヨガニードラのプライベートセッションと講座

       

      ☆ヨガクラスの予定(プライベート、グループ、オンライン)はこちら→ 7月のスケジュール

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      | 1/1PAGES |

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      わたしとyoga classについて

      くらすよがのせとひろみです。 大阪市、岸和田市、和歌山市でプライベートヨガと、少人数のグループクラスを開催しています。 ヨガニードラという誘導瞑想、リラクゼーションのクラスや講座、 アーユルヴェーダのワークショップや講座も開催しています。 この世界で唯一無二の「わたし」とつながり、ととのえるじかんを*

      ◆プライベートセッション◆

      ご希望や体調などをお聞きして、ゆっくりすすめていきます。 *ヨガがはじめての方、じっくりと取り組まれたい方 *とことんゆっくりしたい方、 *ヨガや瞑想、アーユルヴェーダの智慧にゆっくり親しむ座学をご希望の方 すべての方に。

      ◆問い合わせなど◆

      kurasuhiromi@gmail.com までご連絡ください。

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM