◆自由研究(ヴァータ編)

0

     

    わたしが日々の生活の中で、ヴァータを整えるということをしています。

    冬という季節、まいにちがあわただしいときにも、このととのえることが役に立っているので、

    わたし観察をするという自由研究をしているような気持ちで、いろいろやっています。

     

     

    寒い季節、風が吹くこの季節、

    わたしは、うっかりするとヴァータ(風)の性質が、わっしょいわっしょいの

    お祭を開催します。

     

    ヴァータ(風)とは、

    冷たい、乾いている、不規則、、など風が吹いているイメージをするとわかりやすいかもしれません。

     

    冷えたり、肌もおなかの中も乾燥してきたり、

    そこから頭痛やめまいをおこしたり、

    気持ちがどうしようどうしようと不安になったりしやすくなります。

     

    そのお手当て方法としては、反対の性質をあててあげるとよいので、

     

    帽子を被って頭をあたため(頭はヴァータの座)、

    マフラーをぐるぐる巻きにし、

    腹巻をし(下腹部もヴァータの座)、

    冷えとり靴下をはいて(シルクが気持ちい)、

    レッグウォーマーを履いて、

    お布団に湯たんぽを入れて、

     

    オイルを塗ったり、

     

    あたたかいものをとり、

    お汁気のあるものをなるべくとって、、、

    としています。

     

    ヨガの練習も、目を閉じて、ゆっくり規則性をもたせるような態度で練習をしたり、

    座位やおでこをマットにやすませるようなものが多めにしたり、

    大地を踏みしめるようなグラウディングするようなものを多めにやっています。

     

    特にわたし調べでは、気持ちの不安感は、冷えがはいると起こりやすく、

    特に足の裏、足首、おしりが冷えると湧き上がってくるように感じています。

     

    不安感がやってきたら、まずおしりを温める、わたしの定番になっています。

     

    みんなに当てはまるとは限らないけど、

    とくに不安感などは外側の環境によって左右されることも多いような気がしていて、

    そうやって自分のことを観察してみると、

    わたし=不安ではないなと客観的にみることもできるように思います。

     

    外側の環境しだいで、くっついたり離れたりするものだなと思えると、

    どうにかできる手立てはあるな!と色々な湧き上がってくる感情にたいして

    どっしりと構えていられるように思っています。

     

    あくまでわたし調べです。

     

    こんな地味だけど、自分のことを観察したり、知ったり、お手当てするのが好きなのです。

     

     


    夏の色。涼しさを感じる色。

    0

       

      夏です。

      猛暑です。

      暑いです。

       

      そんな言葉しか、もう出てきません。笑

      みなさまいかがお過ごしでしょうか?

       

      昨日、和歌山の実家に帰ってたのですが、

      こんな暑い日に電車で帰り、最寄り駅から実家まで徒歩約12〜13分。

      帽子被って日傘さして、炎天下を往復歩きました。

      自転車乗って買い物にも行ったので、汗だくでした。

       

      炎天下は歩かない方がいいよ〜と人には言っているのにです。。。

       

      自分だけのことだと無理しないのに、

      家族や、特に親に関わることだと、ちょっと無理してもやらないといけないという気持ちになってしまうですよねー。

      無理しても、誰も得しないし、

      無理しない方法で、別の方法で、できることもあるのになぁと、あらためて考える機会になりました。

      (今回も、電車と徒歩で帰らなくても、家に近いところまで来るバスを使うとか、ほかにも方法ありました。)

       

      そんなこともありまして、

      炎天下、ふらふらなりながら、駅まで着いたところ、

      南海電車の「めでたい電車」がやって来ました。

      めでたい電車については、こちら→

       

      ピンクと青と赤いのがあるのですが、昨日わたしが乗ったのは青いめでたい電車でした。

      写真はめでたい電車の内装。海の中にいるみたい。

       

      暑い外を歩いてきたので、この青い電車の色の涼しさに目からも涼しさが入ってきました。

      (車内は冷房効いているので極寒なのですが)

       

      今日の本題です。

      アーユルヴェーダでは、夏のピッタ(火)の要素が高い時期、身につける服にも

      熱をこもらせないものがいいよ〜とすすめています。

       

      色でいうと、

      白、青、紫、緑などの明るいトーンのもの。

       

      黒、赤、ハッキリした黄色やピンクなどはこの時期はシャープさ(鋭さ)が増すので

      さけたほうがいいかもということです。

       

      想像してみたら、黒より白のほうが涼しそうですよね。

       

      素材も、天然素材(綿、麻、絹)でできた風を通す服がおすすめだそうです。

       

      黒などを着るとしても素材が麻だと、風通しいいですよね。

      色と素材と、どんな場所で普段過ごすことが多いかなどで、

      色や服と自分自身との関係性をみてみるのがいいかもしれません。

       

      昨日の、青いめでたい電車に乗って、青い色に囲まれて、

      ほんまに夏は青い色がいいなぁと、身をもって感じたのでした。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      動いてみた◎アーユルヴェーダと春

      0

         

         

        今日は昼間はお天気がよくて、ぽかぽか陽気でした。

         

        寒かったり、お天気がどんよりしていると、気持ちもどんよりして、

        なかなか自主的に外に出かけられなかったのですが、

        「今日はいける気がする!」と思い立ち、

        前々から行ってみたかったカフェに自転車で行ってきました。

        (空気あんまり入ってないし、キコキコ音がする自転車だけど)

         

        はじめての場所にいくのは、ドキドキするのですが

        (わたし怪しくないかな?態度悪くないかな?というようなことを気にしやすいからなんだけど)

        おいしいコーヒーを淹れてもらって、

        様々な友達の威を借りて(笑)、店主の方や、たまたまおとなりになった方とおはなしできて。

         

        人は、

        おひとりさまの時間もいるし、

        こうやって誰かと話しをしたりつながりを持つ時間もいるし、

        両方大事なんですよね。

         

        そんな時間が、家に帰ってふだんの生活のわたしを下支えしてくれてるのだと思います。

         

        そう、出かけたり、誰かと話したり、ということは、

        アーユルヴェーダで「カファ」という水の要素が高まりやすい時期には、

        水はけをよくする意味でも大事です。

         

        さらに、例えば、

        どんな仕事をしているとか、誰の奥さん、お母さん、社会的な役割、

        抱えている心配ごと。。など

        「わたし」のまわりにくっついている肩書きとか役割を一回全部おろして、

        ○○ちゃん(下のお名前)だけの時間を持つことも、

        体と心のお手入れ、ケアになると思います。

         

        ヨガとか、アーユルヴェーダが、、、とかいう名前も説明するのに使っているけれど、

        そんな名前とかカテゴリーの境界線も消えて、

        「わたし」が「わたし」でいることを、幸せな時間をもつことをOK出していけたらいいなと

        思っています。

         

        わたしが紹介しやすいのは、ヨガだったりアーユルヴェーダという世界を通してなので、

        これからもそんなことを紹介していけたらいいなと思っとります!

         

        インスタグラムをしていまして、

        普段のことやヨガやアーユルヴェーダのことは → hiromidango https://www.instagram.com/hiromidango/?hl=ja

        (いちおう)【くらすよが】用のアカウントは → kurasuyogahiromi

        でやってます。

        ちくわの写真は、hiromidango のほうに載ってるので、のぞいてみてやってくださいまし。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        まいにちのあーゆるう”ぇーだ

        0

           

          *まいにちのアーユルヴェーダ*

           

          今日もこの会を開催したのですが、12月にもう一度開催します。

           

           

          アーユルヴェーダでディナチャリアと言われる、「毎日の生活でこういうことをしたらよいよ」という過ごし方や、

          ケアについて紹介し、一部体験をしてみる会です。

           

          絶対やらないといけない!みたいなものではなく、紹介したことの中で、

          「へぇ、これいいなぁ。気持ちよいなぁ。」

          「試してみようかな」ということを取り入れてもらえたらいいなという主旨です。

           

          朝起きたときに、舌を見るのはなぜか?

          お白湯を飲むのはどうして?熱さは?

          夕方って、どういうことに意識をおいたら一日の疲れをリリースできるのか。

          など、

          情報というよりも、知恵を紹介したいと思います。

           

          これらは、毎日の自分の体調の変化を知る機会を意識的に作っていくことでもあり、

          自分の体やこころにアクセスする、マラソンでいうところの給水ポイントのような役割かなぁと思っています。

           

          ちょっといいことが、毎日の生活に入ってくるの、よいものですよ〜☆

           

          お話しの中で、食事のことや、滋養と消化(解毒)などについてもおはなししていこうと思います。

           

           

          ■日時■

          12月26日(水)14時〜16時30分ごろ終了予定

           

          ■場所■

          岸和田市(岸和田カンカン近く、詳細は個別にお伝えします)

           

          ■参加費■

          3000円

           

          ■ご予約とお問合せ■

          kurasuhiromi☆gmail.com (☆を@に変えて送信してください)

          または

          yoga_hiromi☆yahoo.co.jp (☆を@に変えて送信してください)

           

           

           

           

           

           

           

           


          アーユルヴェーダとまいにちのくらし

          0

             

            ヨガとも関係の深いアーユルヴェーダ。

            インド・スリランカから伝わった智慧。

             

            この考えをヨガやまいにちのくらしに取り入れているとは言っているけれど、

            どんな風にしているのか、書いてみようと思います。

            すごいことしてそうだぞ!という期待は、そのへんに投げ捨てて聞いてください。。。

             

            アーユルヴェーダでは、ものすごくざっくりですが、

            こういう体質や傾向のある人は、こういうことが勧められるよ、

            この季節には、こういうことに気をつけてね、

            一日の過ごし方は、こうしてみたら体も心も整っていくよというおすすめの過ごし方

            などがあります。

             

            そういう昔からの知恵を知って、

            その知恵を自分自身の傾向や、毎日の体調、消化力を観察するのにセルフチェックシートのように使い、

            自分からの答えにあわせて、「どうするか」(生活や、ケアや、ヨガの内容など)を

            なんとなく決めています。

            ガッチガチにというより、毎日のことなので「なんとなく」です。

            やらない日、できない日もあっても良し!の心意気です。笑

             

            日々どんな環境で過ごしているか、

            昨日はどんな過ごし方をしたか、ゆっくりのんびりしていたか、移動多くて忙しかったか、

            体力のバッテリー残量はどのくらいか、疲れているか、疲れすぎていないか、元気方向か、

            毎朝、舌を眺めては、昨日食べたものを消化できてるかどうか、

            体は冷えているか、あたたかいか、乾いているか、しっとり潤っているか。など。

             

            季節が少しずつ変わっていくように、わたしたちの体と心も日々少しずつ変わっています。

            一日の中でも朝と夜とでは変わっています。

            そしてひとりひとり、過ごしている環境や、体力、体調が違うので、

            「今のわたし」はどうかなと聞いてみたり、

            どういうことをしたら充電できたり、落ち着いたりできるかなと

            自分と打ち合わせをすることが、なんやかんやとある毎日の中で助けられているように

            実感しています。

             

            そんな自分にとって、落ち着くことや、整えることを選ぶ自由は、わたしたちは持っているのです☆

             

            今の時期だと、部屋の中から外に出かけるときも、この季節の寒暖差でめまいを起すわたしは、調子を聞いて、

            アーユルヴェーダでいう風の要素が支配する場所(頭や耳まわり)を冷やさないように帽子を被ったり、

            こまめなケアをしています。

             

            秋冬は風(ヴァータ)の要素が高まる時期、「冷える、乾く、不安定」などの要素が増えるなぁと知っておくと、

            その逆の、「温める、うるおす、規則的に」を毎日の生活の目安に置いておくことができるように思います。

             

            ディナチャリヤと言われる、勧められる毎日の過ごし方も、

            (例えば、お白湯を飲む、舌苔をとる、オイルマッサージをする、ヨガをする、夕方の小休止をはさむ、など)

            それをすることで、日々のゆらぎを確認することもできるし、

            毎日の安心する真ん中の軸のように感じています。

            特にサボったり、できない日が続いていて、再開したときに「戻ってきたなぁ〜」としみじみ感じます。

             

            これからもずっとアーユルヴェーダのことは学びの途中です。

            途中を歩いている者なりに、そのときそのとき知っていることをまいにちの暮らしに

            使っていくことが、身についてくるのかなと思っています。

             

            そして、それをなるべく日常的な言葉で紹介していきたいと思っています。

             

            12月4日(火)に、ディナチャリヤという毎日の勧められる過ごし方やケアを紹介と体験する

            ワークショップを岸和田でしようと思っています☆

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            わたしのためのアーユルヴェーダ@岸和田

            0

               

               

              ■わたしのためのアーユルヴェーダ@岸和田■

               

              少しずつ、まいにちのくらしの中で、自分の体やこころを灯りで照らしていくような

              じかんが増えていけばよいなぁと思って、何回かに分けて紹介しているアーユルヴェーダの会です。

               

              今回は、どんなケアや習慣を差し込んでいったら、

              朝、昼、晩という一日の自然の流れに調和をとれていくかということを紹介していこうと思います。

               

              朝、昼、晩に、それぞれこんなことしてみたらいいよという生活習慣のことを、アーユルヴェーダでは

              ディナチャリアと呼んでいます。

               

              忙しかったり、旅行に行ったり、日常から少し離れることもあるけれど、

              「ここが自分の真ん中」ということを知っておけば、またそこに戻っていけばいいねという

              戻る場所のようなものだと、わたしはこのディナチャリアのことを大切にしています。

               

               

              前回のこの会では、

               ●アーユルヴェーダとは

               ●体質(ドーシャ)のこと、わたしの体質は?

               ●季節や時間、生活環境で変化していくドーシャバランスの整え方

               ●女性の健康とアーユルヴェーダ

               ●アーユルヴェーディックヨガセラピーの体験

              をお話ししていきました。

               

              今回の2回目は、

              ●前回参加頂いた方からの質問、フィードバック

              ●勧められる毎日の過ごし方、セルフケア(ディナチャリアと言います)

              ●ディナチャリアのひとつである、セルフアビヤンガ(オイルマッサージ)体験

              (今回は足裏とヘッドマッサージを)を予定しています。

               

              前回は参加されていなくても、今回からでもご参加いただけます。

               

              ※前回の内容を詳しく知りたいなぁという方には、個別に対応しますので

              お気軽にお声かけくださいね。

               

              +-+-+-+--+--+-+--++--++--++--++--++--++--++--++--++--++--++--++--++--++--+

              <場所>

              岸和田市(南海岸和田駅から徒歩10分ほど)

               詳細はご予約のときにお伝えします。

               ※和歌山、大阪市内で、こんな話しを聞きたいなとご希望の方がおられましたらお声かけください。

               

              <日程>

               ●9月30日(土)14時分〜16時30分

               ※上記以外の日程でも、予定があえば個別に日程調整可能です。

               

              <参加費>

               ■4000円 (個別に日程対応の場合は、5000円)

               

              <お問合せ&お申し込み>

               yoga_hiromi☆yahoo.co.jp (☆を@に変えて送信してください)

               

              自分自身の体やこころの健康のために、セルフケアをしてみたいなぁと思っていた方に、

              必要な方によきタイミングで届きますように☆

               

               


              ○ムーンサイクルヨガ*女性のためのアーユルヴェーダとヨガ@岸和田

              0

                 

                ○ムーンサイクルヨガ*女性のためのアーユルヴェーダとヨガ@岸和田

                小宇宙であるわたしの中には常にバランスを整えるように自然治癒力があふれている


                この言葉がとても好きです。

                女性の健康を考える上ではホルモンバランスを整えること

                今の体に寄り添うヨガやアーユルヴェーダの養生法を取り入れることが役に立つなぁと実感しています。

                思春期、産前産後、更年期、月経サイクルという節目に

                や心のバランスが変化していると実感されている方もおられるのではと思います。

                そんな時にどんなヨガをし、どんな風に過ごし、どんなセルフケアをしてみたらいいか

                ということをアーユルヴェーダを紐解きながらのおはなしと、それにもとづくヨガの練習をしていきます。

                今回は特に年齢的に不調が出やすいなぁという方、

                PMSが出るんだよなぁという方

                に向けての会にしようと思っていますので、一緒にいろいろ体験していきましょう○

                ■日時■
                7月13日(木)
                14時〜16時

                ■場所■
                岸和田
                詳細はご予約時に

                ■参加費■
                4000えん


                ■お問い合わせとお申し込み■
                yoga_hiromi☆yahoo.co.jp (☆を@に変えて送信してください)
                までメールください。


                まいにちのくらしのためのアーユルヴェーダ基礎講座@和歌山

                0

                   

                  台所でおいしいごはんが出来上がっていく様子を見ているのが好きです。

                  (写真はミトラ中崎教室の1階カフェの台所)

                   

                  まいにちのくらしは、ごはんを食べたり、お仕事したり、家族の世話をしたり、

                  家族やお仕事先の人や友達と話したり。

                   

                  特別なイベントごとではなく、まいにちのくらしにヨガやアーユルヴェーダがふつうになっていくこと、

                  それがわたしの大切にしていることです。

                   

                  そんなまいにちのくらしのためのアーユルヴェーダの講座を和歌山Honuaでも開催します☆

                   

                  去年Honuaで開催したアーユルヴェーダ基礎講座のフォローアップもかねていて、

                  ひとりひとりの気になることへのセルフケアを紹介していきます。

                   

                  +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

                   

                  ■□まいにちのくらしのためのアーユルヴェーダ基礎講座@和歌山□■

                   

                   

                  健やかな体とこころで、まいにちを機嫌よく生きていきたい。
                  ヨガもアーユルヴェーダも、わたしたちのまいにちのくらしに寄り添い、サポートしてくれるとても役に立つツールです。

                  ひとりひとり体質も違えば、生活環境も違います。
                  わたしはどんな体や心の傾向があって、
                  どんなときに体調を崩しやすいのか、
                  今の気になることに何かセルフケアできないかな、
                  ということをアーユルヴェーダという視点で自分のことを紐解いていきます。

                  アーユルヴェーダに興味のある方、
                  ご自身や家族の健康のことに興味がある方、
                  何かセルフケアをしてみたいと思われていた方、
                  ヨガをされている方、
                  ヨガを教えられていて、アーユルヴェーダとヨガの関わりを深めたい方、
                  など、すべてのごきげんさんで生きていきたい方へむけての講座です。


                  理論の詰め込みや、専門用語を覚えよう!というような講座ではなく、

                  まいにちのくらしに活かすということを大切にした体験型の講座です。
                  ☆特に女性の健康に関することが中心になるかと思います

                  ●アーユルヴェーダの基礎的なお話し
                  ●まいにちのくらしへの取り入れ方
                  ●それぞれの方が持つ気になることへのヨガやアーユルヴェーダの

                   セルフケアの仕方の紹介と体験、そして講座後のフォローアップ
                  が主な内容になっています。

                  1回目がまるっと一日かけた講座で、

                  2回目にその後のフォローアップ。

                  よりまいにちのくらしに実践的に取り入れてもらえるようにしていきたいと思っています。

                  今回はその1回目です。
                  【内容】
                  ●アーユルヴェーダとは
                  ●体質(ドーシャ)のこと、わたしの体質は?
                  ●季節や時間帯、生活環境で変化していく体とこころの整え方
                  ●女性の健康とアーユルヴェーダ
                  ●勧められる毎日の過ごし方
                  ●食事、休息の取り方
                  ●滋養とデトックス

                  ●わたしの整え方(ケーススタディ)
                   例えば、
                   ・冷え性
                   ・眠りが浅い
                   ・慢性的に疲れている
                   ・更年期といわれる年代に差し掛かり、のぼせやめまい、耳鳴りなどの症状が気になる。 
                   ・産前や産後の方
                   ・旅行に行ったり、移動することが多い。
                   など、今気になることに対してのおうちでできるセルフケア、ヨガセラピーなどを紹介していきます。

                  ☆この会で、それぞれのセルフケアを持ち帰って頂いて、おうちで試してみて、その変化を確認していただこうと思っています。毎日の生活の中で無理のないことを。
                  そして2回目でそのフォローをして、改良したり、セルフケアを追加してみたりしていこうと思います。

                  <2回目の内容>
                  予定時間は、2時間30分
                  ●前回の復習と質問など、フォローアップ
                  ●前回関心が高かったことなどのおさらい
                  ●アーユルヴェーディックヨガセラピー(アーユルヴェーダがベースになった優しいヨガの練習をします)
                  参加費は5000円を予定しています。

                  【場所】
                  和歌山県海南市日方 
                  Honua

                  【参加費】
                  1万円
                  ※去年、Hounaで開催したアーユルヴェーダ基礎講座に参加して頂いた方は、7000円

                  【ご予約&お問合せ】
                   yoga_hiromi☆yahoo.co.jp (☆を@に変えて送信してください)
                  までメールをお願いします。

                   


                  アーユルヴェータとわたしのつきあい○ふたたびつづき

                  0

                     

                    先日実家の最寄り駅から電車に乗りました。

                    シートにも鯛のイラストが描いてあって、つり革もさかなの形。

                    めでたいでんしゃ。

                     

                    めぐり合うと、うわっ♪とうれしくなります。

                    めでたいことが起こりそう。

                     

                    こんな風にめでたいでんしゃに出会ったり、まいにちの中で目に入るもの

                    耳で聞くもの、肌に触れるものなどで、心持ちが変わったり、現状の確認ができることがあります。

                     

                    わたしにとって、アーユルヴェーダは、

                    何か大切なことを思い出させるリマインダーでもあり、

                    今日のわたしはどうですか?という確認作業でもあり、

                    ではではこうしましょうというアドバイザーでもあります。

                     

                    舌苔の様子で消化の様子を知り、

                    朝のお白湯の味で体調を確認し、

                    今日の食べるものや、過ごし方を考えるきっかけにしています。

                     

                    ヨガをすることで、体の重さ軽さ、心のざわつきを確認して、

                    その日のこころのアクセルの踏み具合を調整したり、早く寝ようと思ったり。

                     

                    目を閉じて静かに座るじかんをちょっとでも持つことで、

                    平和なことを思い出したりイメージしたりすることで、

                    こころをやわらかな方に寄せていったり。

                     

                    アーユルヴェーダとの取り入れ方は、それを学ばれている方で違うかもしれません。

                    もっときっちり取り入れた毎日をおくられている方もいると思います。

                     

                    わたしは、わたしの環境の中でアーユルヴェーダのエッセンスを無理なく取り入れることを選びました。

                    自分の都合だけで、まいにちのペースを回せないことも多々あるからです。

                     

                    たくさんの方が日々忙しくお仕事されていて、家族もいたりする中で生きています。

                     

                    会社員だったわたしが、アーユルヴェーダのエッセンスを取り入れるにはどうするだろうか?

                    移動することが多いわたしには、どういうことが助けになるだろうか?

                     

                    ヨガをして、アーユルヴェーダを取り入れた、静かな土地で、オーガニック野菜を食べて。。。

                    と、いわゆるぜ〜んぶ自然志向で生きているよ〜というのではない、

                     

                    ほんとうにふつうに毎日を生きているわたしとアーユルヴェーダとのおつきあいの仕方、

                    ふつうの毎日にすっとなじむアーユルヴェーダ

                    ということをお届けしていけたらいいなと思っています。

                     

                    「わたしのためのアーユルヴェーダ基礎講座@岸和田」

                    3回講座の1回目の開催日です☆

                    ○5月13日(土)

                    ○6月3日(土)

                    14時30分〜17時


                    アーユルヴェーダとわたしのつきあい○つづき

                    0

                       

                      自宅近くのfood labさんのある日のランチ。

                      何を頂いてもおいしいのだけど、お味噌汁が時々思い出してはうっとりするくらい

                      お出汁もお味噌もおいしい。

                       

                      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

                       

                      アーユルヴェーダとわたしのおつきあい、前回の続きです。

                       

                      わたしはドーシャ(体質)チェックなるものをすると、ヴァータ(風)の要素が

                      飛びぬけています。いわゆるヴァータ体質。

                       

                      そんなヴァータがいつも多めなわたしは、ヴァータの要素をあふれさせないように気をつけておくと

                      日々が過ごしやすいのです。

                       

                      無意識にしていると、予定がないことが不安になり、予定をどっさりと詰め込み、

                      常にアクセルふみっぱなしで生きていて、

                      先々のことが心配で、起きてもいないことをまるで小説を書くように想像して心配して、

                      体も常に疲れやすく、心もいつもソワソワしている。。。みたいなことになりやすいのです。

                       

                      ドーシャというのは、体もですが、こころの様子にも作用するので、

                      常に何か心配している、先の先まで段取り考えて、あれこれ調整して、

                      気がつけばふぅぅぅぅ〜みたいに息切れしそうになってるわたしです。笑(←もう笑っておこう)

                      寝てても「はっ!」と何か思い出して目が覚める、寝付けないということも多々ありました。

                       

                      軽やかに動いて、すこやかに寝て、ここぞ!というときに軽快にアクセルを踏み込めるように、

                      ちょこちょことまいにちのくらしの中で、ケアできたらいいなと思っています。

                       

                      意識的に、思い出したときに、

                      「小休止する」ということをはさむようにしています。

                       

                       

                      ”あたためる、うるおす、沈静化する”

                       

                       

                      たとえば、

                      ・上の写真のようなお味噌汁のついているごはんを食べる。おいしいねぇとひといき。

                      ・あったかいお茶をいれる。

                      ・電車でスマホをかばんに入れて、目を閉じる。

                      ・家に帰って荷物を置いたら、「ふぅぅぅ」とひといき深呼吸する。

                      ・シャバーサナ、くつろぎの姿勢をとる。→時々そのまま寝てることも。笑

                      ・湯船にのんびり浸かる

                      ・ヨガをしたり、静かに座るじかんを持つ。

                       

                      ほかにも、あんなことこんなことをなどあります。

                       

                      日々忙しい現代の人にとって、「ヴァータを整える」ということはとても役に立ちます。

                       

                      ”あたためる、うるおす、沈静化する”

                       

                      こころが息切れしているのを感じたことがある方、「わたしの場合はどうなんだろう?」という方、

                      健康でいたいなぁと思われている方、アーユルヴェーダに興味がある方にむけて、

                       

                      「わたしのためのアーユルヴェーダ基礎講座」を開催しようと思っています。

                      詳細はこちら→「わたしのためのアーユルヴェーダ基礎講座」

                       

                      ふだんのヨガくらすも、アーユルヴェーダの考え方がベースになっているので、

                      ヨガを通して体とこころを健やかなほうに、ゆっくりとやわらかにほがらかに

                      向けていきましょう。

                       

                      ゆっくり、おおらかに。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/4PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>

                      わたしとyoga classについて

                      くらすよがのせとひろみです。 大阪市、岸和田市、和歌山市でプライベートヨガと、少人数のグループクラスを開催しています。 ヨガニードラという誘導瞑想、リラクゼーションのクラスや講座、 アーユルヴェーダのワークショップや講座も開催しています。 この世界で唯一無二の「わたし」とつながり、ととのえるじかんを*

                      ◆プライベートセッション◆

                      ご希望や体調などをお聞きして、ゆっくりすすめていきます。 *ヨガがはじめての方、じっくりと取り組まれたい方 *とことんゆっくりしたい方、 *ヨガや瞑想、アーユルヴェーダの智慧にゆっくり親しむ座学をご希望の方 すべての方に。

                      ◆問い合わせなど◆

                      kurasuhiromi@gmail.com までご連絡ください。

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM